ご支援ありがとうございました。

     




------------------------------------------------------------------------------------







Introduction





新作アニメーション映画
『アムリタの饗宴』


“たった一人で制作する長編アニメーション映画”
『アラーニェの虫籠』のスピンオフ新作として
2021年公開予定。 






世界的にもほとんど例がない“たった一人で制作する長編アニメ映画”として、アニメ映画祭の最高峰、アヌシー国際アニメーション映画祭で正式上映され、世界四大アニメ映画祭の一つ、ザグレブ国際アニメーション映画祭では、日本映画で唯一、長編コンペティション部門にノミネートされるなど、世界中から注目を集めた映画『アラーニェの虫籠』。




そのスピンオフとなる新作アニメーション映画『アムリタの饗宴』が2021年に公開される予定。




この作品は、『アラーニェの虫籠』の前日譚(プリクエル)を描いたもの。



新ヒロインの女子高生たまひが、曰くつきの巨大集合住宅を舞台に新たな怪異に巻き込まれる。




監督・アニメーション・音楽・原作・脚本は、前作に続いて坂本サクが担当。前作同様、今回もアニメーション制作の全工程を一人で行う。


製作・プロデュース・監修の福谷修、製作・著作の合同会社ゼリコ・フィルムも前作に続いて担当する。



総分数は未定だが、30分以上となる予定。 

声優は未定。オーデイションを経て今後、順次発表される。



なお、『アムリタの饗宴』は、2020年8月に創刊したWEB映画マガジン「cowai」の第一回提供作品となる。

WEB映画マガジン「cowai」 https://cowai.jp/

他に、『アムリタの饗宴』は令和二年度文化庁文化芸術振興費助成作品に認定されている。






Story






女子高生のたまひは奇妙な幻聴や耳鳴りに悩まされていた。



ある夏の日の午後、たまひは友達との下校中に、前方の集合住宅から飛び降りる人を目撃する。



急いで落ちた場所に駆け付けるが、そこに人の姿はなかった。



唖然とするたまひは、また幻聴を耳にする。
それは友達にも聞こえた。



やがて、たまひの目の前に異様な空間が現れる。



高まる幻聴、そして幻覚に見舞われたたまひたちは



苦しみながら、その場から立ち去ろうとするが……。